お役立ち!歯科医師の資金調達

TOP > 歯科医師の資金調達について > 資金調達の際に苦労した事を知り歯科医師の開業を成功させよう

資金調達の際に苦労した事を知り歯科医師の開業を成功させよう

歯科医師の開業には色々な点で苦労する事が多いようです。
その中でも、資金調達に関しては苦労する人が特に多い項目になるようです。
集客が見込めそうなエリアを探すための費用、そのエリアで物件を手に入れるための費用、開業にあたっての各種手続きの代行や経営指南を行ってもらうための税理士等との顧問契約の費用等、まとまった資金調達を行わなければ歯科医師の開業は非常に難しいと言えます。
歯科医師の開業に当たっては様々な方法での資金調達法が考えられます、自己資金や知り合いからお金を借りる等といった方法から金融機関等に融資を行ってもらう、あるいは開業の支援をしてくれる機構を利用する等の方法があります。
さらに最近では歯科医を始めとした医療業界の開業を支援してくれるファクタリング会社がある等、資金調達方法自体は数多く存在します。


まず、資金調達そのものに苦労する以前に、どの方法を利用すれば良いか、さらにその中でどこから融資を受ければ良いか等という融資先の洗濯にまず悩むという人たちが多いようです。
特に民間の金融機関やファクタリング会社等の数は多く、その中から審査の緩さや手数料や担当者の対応等、比較ポイントが多く毎日の仕事が終わってからそうした事を比較するのにまず苦労したという声が多いようです。
また、資金調達にはこぎつけたものの、それにプラスする自己資金集めに苦労したという声も良く聞かれます。
自身の貯金等では足りず、親等に頭を下げて資金を借りたり、不要なものを多く売却して何とか開業にこぎつけたような人もいます。
その不用品売却がどこで高価買取を行ってくれるかという事を調べる事にも時間をかけなければ、場合によっては大きく査定額が違うという場合もあるので注意しましょう。


開業した後もそれで資金調達が終わりではありません。
歯科医院の経営が軌道に乗るまでには、人件費を払い続けたり公式サイト等の維持費等、ランニングコストの支払いに苦労する場合もあります。
開業した後に特に有用なのが、診療報酬を担保にして資金調達出来るファクタリングですが、診療報酬が少なく思い通りの額の資金調達が出来なかったりした事があった等という歯科医の人もいるようです。
こうした事態に陥らないために、開業前の資金調達は開業がぎりぎり出来る金額よりも少し多めに調達をしておく必要があります。
そうした苦労をした人の中には、助成金や補助金の類を上手く活用してピンチを乗り切る事が出来たという経験を持つ人も多いようです。
医療業界の開業に関しては、そうした返却扶養の資金を手に入れられるケースが多いので、それらを有効活用する必要もあります。

ページトップへ