お役立ち!歯科医師の資金調達

TOP > 歯科医師の資金調達について > 歯科医師の資金調達の審査で確認される過去の未納や返済実績

歯科医師の資金調達の審査で確認される過去の未納や返済実績

歯科医師が資金調達する場合、金融会社からの審査を受ける必要があります。
それはクレジットカードと同じです。
クレジットカードを発行する時も、カード会社の審査を受ける事になりますが、その際は本人の安定収入などを確認されるケースが多いです。
また過去の履歴なども確認されます。
履歴が確認されるのは、歯科医師も同じです。
クリニックを運転資金を確保するために融資商品の申し込みをしている方も多いですが、過去の支払いは順調であるか確認されるケースが多いです。
例えば税金です。
確実に資金調達したいなら、税金は期日までに納めておく必要があります。
もしも税金を滞納してしまいますと、審査に落とされる確率が高まってしまうからです。
一旦未納の記録が残ってしまいますと、融資が難しくなるケースも多いので、注意が必要です。


ところで歯科医院を経営しているなら、色々とコストも発生します。
そのお金を順調に支払っているか否かも、審査にて確認されます。
例えば公共料金です。
そもそも歯科クリニックを経営するなら、電気も使わなければなりません。
歯科の機器を使うにしても、必ず電力を使用することになるからです。
また歯科治療では、必ず水も使う事になります。
歯科クリニックでうがいをしている方も多いですが、水道料金が発生する事だけは間違いありません。
その電気や水道などの料金は、期日までに支払う必要があります。
もしも期日に遅れてしまいますと、資金調達が難しくなってしまうからです。
金融会社としては、ライフラインの未納の情報も確認できるようになっていますし、資金を確保したいなら期日までに支払っておく必要があります。


また他社での借り入れなども注意を要します。
返済に関する問題点が見つかった時などは、資金調達するのは難しくなる可能性もあるからです。
例えばある銀行のローンを申し込む数年ほど前に、ノンバンクから借りる事があるとします。
ところがノンバンクでの返済は、あまり順調ではありませんでした。
歯科クリニックの経営状況の問題もあり、何度か遅延になった事がありました。
その場合、銀行から借りるのは少々難しくなってしまう事が多いです。
返済能力を疑われてしまいますから、融資を受けるのも困難になってしまう訳です。
逆にその返済状況が良好な場合は、審査に通りやすくなる傾向があります。
一旦はお金を借りていたものの、短期で返済できていた時などは、ローン審査に通る確率も高くなる事が多いです。

次の記事へ

ページトップへ