お役立ち!歯科医師の資金調達

TOP > 歯科医師の資金調達について > 歯科医師が資金調達をする方法について

歯科医師が資金調達をする方法について

歯科医師としての資格を持っている人の中には、開業したくても資金がなくて出来ないと頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。
歯科医師となれば資金調達は容易だと考えている人もいますが、実際にはそう簡単に資金調達できるわけではありません。
準備を以下にしっかりしておくかにより、資金調達がスムーズにいくか失敗に終わるかに大きな違いが生まれるので気をつけましょう。
まだ信用がない歯医者の開業時に、民間金融機関から融資を受けようと考えても好条件で借りることはほとんど不可能ということは、頭においておくべきです。
日本政策金融公庫の新創業融資は、法的創業融資であり現段階では無担保であり無保証となっているため、リスクもほとんどな家、悩んだ際にはまずはチャレンジしてみるべきといえます。


必ずしも融資を受けることができるというわけではないので、事前にしっかり対策しておくようにしましょう。
通帳をチェックされることになるので、貯金がいくらあるか見られて判断されると考えている人もいますが、実際には公共料金の支払いが滞っていないかや、税金の支払いが遅れているのとはないかという点を見られています。
希望していた金額の融資が出来ないとなれば諦めてしまいがちですが、全額の融資が難しいというだけで一部は融資してもらえるケースは多いです。
それだけではなく交渉することで融資可能となることもあるので、断られたからと簡単に諦めないようにしましょう。
事業計画書をしっかり作成しておき、納得してもらえる設定ができるようにしておくこともかなり重要なポイントとなってきます。


歯科医師として歯医者を開業することに限ったわけではなく、事業経営を行ったことがなければ借入はなるべく少ない方が良いと考え、借入金を少なくしたり少しでも早く完済しようとするのではないでしょうか。
ですが実際には金融機関や借入金としっかり付き合って行くことが重要になってくるということを、頭においておくようにするべきです。
自己資金を多く用意しておいた方が、融資の審査をクリアしやすいのは当然のことです。
日本政策金融公庫の融資だけでは十分な金額ではないという場合には、市町村などの自治体が中小企業や個人に向けて行っている制度融資を利用するという方法もあります。
銀行の直接融資が一番に頭に浮かびがちですが、様々な方法があるのでしっかり比較してから判断するようにしておくことが大切です。

次の記事へ

ページトップへ