コンテナボックスのおすすめの活用法

コンテナボックスは、コンテナのように持ち運ぶことを前提とした人間が持ち運ぶことが可能な小型の樹脂製ボックスです。大型のものもありますが、多くは一人が持ち運ぶことができるようにしたもので、流通やちょっとした保管場所として広く活用されており、ホームセンターでも気軽に購入することができます。
他のボックスと異なるところは、同じ形のものであれば、積み重ねをすることが可能な点であり、上下のボックスがしっかりと溝にホールドするので、高く積み上げても倒れにくいといったことがあります。また折りたたみコンテナボックスであれば、利用しない場合にはたたむことができるので、空箱を大量に移動させるさいに空間の無駄遣いを避けることができますし、一度に運べる量が増えるので手間を軽減することができます。

コンテナボックスの種類について

コンテナボックスといってもさまざまな種類があります。スタンダードなものはボックスタイプで、大きさはメーカーによって若干ことなりますが、小さいものでは幅約19センチ、奥行き約16センチ、高さ約9センチの内容量が約1.5リットルのものから、幅約61センチ、奥行き約44センチ、高さ約32センチ程度で内容量が約60リットル程度の大型のものまであります。また高さを抑えたものもあります。多くはフタ付きのものですが、フタが別売りの場合もあります。このボックスタイプを工夫したものとしてフタが簡単には外れないようにしたバックルタイプやストッパータイプがありますし、フタにパッキンを取り付けた密閉タイプもあります。また軽量で頑丈なものとしてメッシュタイプや折りたたみタイプなどがあります。

さまざまなコンテナボックス活用法

コンテナボックスの活用方法は収納ですが収納するものによって選ぶことがポイントです。特に食品などを保管したい場合には、ボックスが密閉できるタイプの方が状態を保つことができるメリットがあります。
一方で重たいものを持ち運ぶさいには頑丈なものを選ぶ必要がありますが、コンテナそのものが重たくなるのでメッシュタイプを選ぶ方が耐久性も高く軽量です。折りたたみタイプは使用しないさいには保管スペースを節約できるので、一時的に物を運ばなければならないといったさいに便利です。
またコンテナボックスでも半透明のものであれば中身が見えるので、積み重ねていてもどのようなものを保管しているかわかるメリットがありますし、不透明なものであれば光を嫌うものを保管しておくのに最適です。

物置として近くで利用したい!という方はご希望のエリアを簡単クリック! 24時間のお申込みが可能など、自社の強みをいくつかご紹介。 面倒な保証人は不要!24hお申込みが可能!それぞれの詳細をご覧いただけます。 マップから直接気になる物件をワンクリックで選ぶことが可能です。 全体的なご利用の流れを、一つひとつ丁寧に説明しています。 どんな時に利用すればいいのか、とお困りの方にいくつか事例を紹介! コンテナボックスのことならマリンボックス